当院の特長

今まで日本の歯科医は、歯を削って詰める、かぶせる。歯を抜いて入れ歯を作るのが仕事だと思われていました。要するに、全然体にいいことをしてきていなかったのです。

私はできるだけ歯を残したいし、患者さんの口の中を守りたい。それが本来の歯科医療のあり方だと考えています。天然の自分の歯に勝るものはありませんし、口の健康が崩れてしまえば、全身の健康にもいい影響はありません。そのことを一番よく知っている歯科医が、病気にならない生き方=「予防」を実践していかなくてはいけません。

このホームページをご覧の方が病気になったり、歯周病やむし歯になって歯を失うこと(⇒歯を失うことで健康を損なうこと)がないように、予防という考え方、ライフスタイルをとりいれて欲しいと思います。

天皇陛下執刀医 天野篤先生の著書<100年を生きる 心臓との付き合い方>でも虫歯菌・歯周病菌と心臓疾患の関連性から口腔内のケア・予防について書かれておられます(P102~P104)*セブン&アイ出版
予防に勝る治療はありません。特にリコールされた方は是非メンテナンスをしてください。